【4.0アジムステップ】アウラ・ゼラかどうか/性別で変化するシーンのセリフまとめ

ロドストのバックアップ用です。中身いっしょ。

アジムステップのメインクエで、プレイヤーがアウラ・ゼラ・女性か男性かでセリフが変化する場所があったのでまとめました。
自キャラで確認出来なかった箇所についてはYoutube等のクエスト動画から参照させてもらっています。

◆市を賑わす部族たち チャンブイのセリフ
・ゼラ以外の種族
チャンブイ「それよりも、ボーズはどうだいね!よそから来たならなおのこと、これを食べずに帰るなんて、歓迎されなかったっていうのと同じだよ!」

・PCがアウラ・ゼラ
チャンブイ「それよりも、ボーズはどうだいね!アンタがどこの部族か知らないが、アウラ・ゼラなら、思わず手が伸びちまうはずさ!」
チャンブイ「さあさあ、熱いうちにどうだい!火傷するほどアツアツの肉汁がたっぷりだ!」

◆草原横断 バルダム覇道前
・ゼラ以外の種族
ヒエン「アウラ・ゼラでない者が、この試練に挑むなど、アジムステップの歴史においても、そうはあるまい。見事超えて、草原にわしらの武名を刻むとしよう。」

・PCがアウラ・ゼラ
ヒエン「アウラ・ゼラのそなたにとっては、念願の儀か?無論、わしも意気込みでは負けん。見事越えて、草原にわしらの武名を刻むとしよう。」

◆玉座からの招喚
カットシーン後のマグナイに話しかけた際のセリフが変化

・女性PC版
マグナイ「お前、女だな…………ふむ……。」
マグナイ「まあ、まずは働きを吟味すべきか。余輩の望みを問うならば、しかと聞き、誓って奉れよ。」

・男性PC版
マグナイ「ほう、迷いなく余輩の望みを問うか。ブドゥガ族好みの、蛮勇な男よ。……許す、それではしかと聞き、誓って奉れよ。」

◆青き宿敵 人質の取り方で
「お前たちはいずれもバルダム覇道を越えた戦士~」以降のセリフが変化。

・女性PC版
ダイドゥクル「マグナイ殿。同盟の担い手として、進言いたす。」
ダイドゥクル「人質のうち、ひとりは男にされよ。さすれば、我々ブドゥガが戦士として鍛え上げ、必ずや同盟に益をもたらそう。」
ダイドゥクル(強調フキダシ)「具体的には、ヒエンなど、いかがかッ!」

マグナイ「……まあ、許す。しかし、もう片方は余輩が選ぶぞ。」
マグナイ「これだけ方々を探しても見つからないのだ……余輩のナーマが、草原の民ではなかったという可能性も、あるのではないか……?」

リセ「な、なにさ……![プレイヤー]に何かしようとしたら、ただじゃおかないんだから……っ!」

マグナイ「……いや、やはりないな。余輩のナーマは、慈愛にあふれ、可憐で控えめ、儚い朝焼けの雲がごとき乙女のはず。」
マグナイ「それに引き換え、お前ときたら、呪いの石像すら躊躇なく破壊しそうだぞ。容姿はともかく……余輩の戦士としての勘が、そう告げている。」

何と言う?
1「ソンナコトシマセン」
2「あなたもそうして差し上げようか」

・1を選んだ場合
マグナイ「バルダム覇道を易々と越えておいて、どの口が言う……」

・2を選んだ場合
マグナイ「それだ、そういうところだ……。まったく……。」

マグナイ「とすれば、そちらの女のほうが、まだ御しやすいだろう。一度家畜を世話した者ならば、妹達も喜ぶ。お前が、人質として残れ。」

ヒエン「となると、偵察に行くのは、[プレイヤー]とゴウセツか。わしも強豪と聞くドタール族を、見ておきたかったが……そなたたちになら、任せられよう。」

(以降男性PCと同じ展開)

・男性PC版
マグナイ「当然、まずは余輩から選ぶが……これは、そもそも選択肢がないも同然だ。」
マグナイ「女よ、残るがいい。お前が余輩のナーマかもしれないなどとは微塵も思わないが、一族以外の男など、輪をかけて不要だからな。」
マグナイ「男のほうは、ブドゥガ族の好きにしろ。」

ダイドゥクル「ふぅん……ほう……ほほう……。」

どうする?
1「アピールしておく」
2「拒否しておく」

※男性PCの場合はアピールしても拒否しても反応は一緒

ダイドゥクル(強調フキダシ)「汝、ヒエンッ!!人質として、ここに残ることを命ず!」

ヒエン「あっはっは!さては、さきほどの働きぶりが気に入られたか?」
ヒエン「できれば、強豪と聞くドタール族を、見ておきたかったのだがなぁ。ゴウセツと[プレイヤー]が行くなら、十分であろう。」
ヒエン「ふたりとも、偵察の任、くれぐれも用心して参れよ。」

ゴウセツ「若こそ、よくよく……ご無事で。いざとなったら、リセとともに逃げるのでござるぞ。」

(以降共通展開)

関連記事