今更アナ雪を見たので感想まとめ

地上波でやってたやつを録画してたのを今更見たので感想まとめました。

映画館で放映され始めの頃からなにかと考察ネタで名前をよく聞く作品ではあったんです、アナ雪。
上の子と下の子の確執の話であるとか、同性愛の暗喩があるとか。
で、そのあたりを気にかけながら見てみるとたしかにそうだなと。
自分は長子なんですが、前半のあたりなんかもうアナにイライラしっぱなしw
なんでこいつ姉ちゃんの気持ちもわからずに能天気に遊ぼうとか言ってやがるんだ!?ってw
とりわけ、断られても断られても「私は姉ちゃんと遊びたいんや!!!」とばかりに声かけまくる様子がどーーーしても理解不能で。
上の子どうこうというより、一人になりたい時間を理解できない子が苦手だもんで、「ヤダヤダ一緒にいたいの!!!」っていうのがどうもねぇ…
それ以降も、アナがひたすらエルサを振り回しまくってて、見てて「エルサ…かわいそうに…」って同情しまくりながら見てました。
まあでも、人としてどうかと言われたら、やっぱアナのが可愛いんですよね。わかりやすいし、なつっこいし。
エルサはしっかりしてて信用がおけるけれど「面白くない」。遊びの部分がない。
そこらへんが、長子と次子の性質をうまく捉えてキャラクター化してるなぁと思いました。
「ありの~ままの~」の歌のところで終わってもよかったのではという意見を目にしましたが、長子からすると頷き100回です。私も諸々から開放されたい。

あと、魔法の力?が同性愛や障害等の暗喩ではないかという部分についてはたしかにそんな気がしながら見てました。
隠せといわれて隠し通せるものでもないし、むしろ暴走したエルサみたいな状態にそりゃなるよなぁ、と。
アナが無理やり手袋を取るシーンは、図らずもアウティングされてしまったり、身内バレしたりといったシチュエーションとダブります。
身内だから余計にあれ拗れたんだと思うんですよ。
友人なら最悪他人に戻ればいいけど血の繋がりがあるとそうもいかない。
ゆえにラストでアナが凍ってしまったのを悲しんで泣き崩れるエルサ……はちょっと私の感性とは合わなかったかなぁ。綺麗すぎた。
「なにこんなとこで固まってんのよバカ!!私のせいみたいになってるけど元々はあんたのせいでしょうが!!」って一喝するくらいのほうが良かったかな…だってあれだけのことされてるんですからね…それでも憎み切れないのが家族愛?みたいなのがテーマだったんでしょうか。

あと今作の素晴らしいなと思ったところが、男キャラが誰一人プリンス的なエンディングを迎えてないところ。
真実の愛≠恋愛のパートナーというメッセージは非常に良かった。
どうにも異性愛のシンデレラストーリーがね…苦手なので…

単純に話のテンポもよかったし、視聴者の年齢問わずに楽しめる良作でした。
関連記事