【FF14】Lv52~60までの暗黒騎士ジョブクエ感想【腐向け】

無事60までのクエスト見たので感想をまとめました。



ffxiv_20160630_084105.jpg

52以降は60なってから消化したんですが、アダマン胴を着用してプレイしてたのでさながら「フレイのあとを継いで相棒になりました」感が出て個人的に大満足…
武器は抜刀時にギミックがあって格好いいチタングレートソード。

レベル52


シドゥルグがリエルを紹介してくれる回。
バヌバヌもまじない師にリエルを見せたら「なんかやばいパワー感じる」とは言われたものの邪魔が入り、帰還することに。

出会いの印象もあってか、シドゥルグはまだまだヒカセンの実力以外の面を余り信用していないようです。
後のほうで「とんだ暗黒騎士がいたものだと思ったが…」とか言われるし…w

レベル54


3人でグリダニアまで旅をする回。

幻術士ギルドのマスターを「ガキ」呼ばわりして「あなたよりは年上ですよ」って言われて「!?!?」ってなってるシドゥルグが面白かったw
シドゥルグはわりと現実主義的なところがあるのか、不思議現象のことはあんまり信じてない様子。
ヒカセンの「超える力」とかどう思ってるんだろう。

りんご食ってるリエルに怒り狂った後いたたまれなくなって「…うまいか、それ」って聞くシドゥルグの不器用さがね…かわいいね…

帰還後、リエルがヒカセンになつきまくってて「道すがら、お前の心配ばかりされた俺の身にもなれ…」とシドゥルグから愚痴られます。ヒカセンは本当よく人からなつかれるなぁ…w
「ヒカセンが来るようになってから初めての場所にいろいろ行くようになった、いつか3人で旅したいね」って言うリエルがすごいかわいい。

レベル56


メインクエでもお世話になった不浄の三塔に住むフレースヴェルグの眷属・ヴィゾーヴニルにリエルを見せに行く回。
3.0メインクエでも思いましたが、ドラゴン族関係のクエはどれもやってて切ない感じでとても好きです。
リエルの正体は、ドラゴンの血が混ざった普通の人間…ということでいいのかな?
メインクエ進めるとイシュガルド人は多かれ少なかれドラゴンの血が混ざっているらしいことが発覚しますけど、
あえて血を飲んだ人の子供=より濃度が濃くて力が強い、みたいな解釈なんでしょうか。

ドラゴンを初めてみたリエルの反応がかわいかったなぁw

クエ後、報告に戻るとリエルの母・イストリドが登場。
「決闘」に応じなければ今後は街中でも追手を差し向ける、と一方的な取引を持ちかけてきました。
母親がいるということをシドゥルグに伝えていなかったことがバレて、結果的にシドゥルグはリエルを泣かせます。ひでえw
けどシドゥルグの露骨なまでのわかりやすいストレートな「怒り」って見てて爽快ではあるんですよね。
ヒカセンがフレイに心配されるくらい負の感情を抑えこむ性質なら、お師匠様の言うとおりシドゥルグは真逆な感じでおいしいです。

レベル58


ヴィゾーヴニルから言われてモーグリのところで「極意」を教わる回。
サブクエ消化中すごいイライラさせられたモーグリたちですが、それが終わったあとなので、シドゥルグほどはイライラしなかった…w

「くそ…どれがポンポン草だ…!」とか「おのれ、ポンポン玉…!」とかシドゥルグがいちいちガチギレしてて笑いましたw
白豚モーグリたちから「どうしてリエルを守るの?極意がどうとかじゃないでしょ?愛でしょ?」「ニブチン」「素直になれ」とか散々に言われててちょっとかわいそうに…w
「あいつに手を出したら殺す…!」とか本当シドゥルグは期待を裏切らないテンプレ感が可愛くて仕方ないですね…

モーグリに言われた極意についていろいろ考えた結果、どうもシドゥルグは「愛」をわかってたらしいヒカセンに一目置くようになったみたいです。
「あるいはあいつなら…フレイならどう受け取っただろうな…」の一言にすごい愛が込められている気がするのですが…
シドゥルグはフレイのこと相当好きだったんじゃないかなぁ…お師匠とフレイ以外に人付き合いがなさそうだからというのもありそうですが。
腐向け的な意味の関係だったらすごくおいしいです。(私が)
フレイ×シドゥルグからのヒカセン×シドゥルグ…ありやで…

クエ後、リエルが「3人で一緒にいるのは楽しいよ」って言ってくれてまじで嬉しかった。
お使い要員としてでなく純粋に慕ってくれるキャラってありがたいです。

レベル60


リエルの母・イストリドとの決闘編。
…の前に腐向け臭のするSSを撮って遊んでました…w

ffxiv_20160630_091913.jpg

自らの誇りと栄誉のために是が非でもリエルを消しに来ようとするイストリドに対してシドゥルグの怒りがMAXでよかったです。
ヒカセン的には、2.5以降人の汚い所を結構見てきているので、わりと慣れっこかもしれない。
特にメインクエ57後のヒカセンなら、ドラゴンとも対話できるしオルシュファンを失ったあとなので、シドゥルグの怒りには非常に同調してそう。
ミドじいに乗れるようになっているヒカセンだとなおさら「何言ってんだこの女」感しかなかったですね。
だってイシュガルド人ってほぼみんなドラゴンの血混ざってる可能性ありますし、
特にイストリドみたいな高位聖職者の家柄ならなおさら…ですよね。

イストリドを殺さず見逃そうとしたシドゥルグに、あえて殺すようにお願いするリエルの成長ぶりがまたたまらなく胸が熱いです…
守ってくれる人まかせにするのではなく自分も共に痛みを背負う、という姿勢が、50クエを超えてきたヒカセン的にはすごく胸熱でした。

最後の選択肢、フレイのことが頭をよぎって一番下を選んだら「一瞬お前の暗黒の力が強まった気がした」と言われたんですが、
これヒカセンの中にいるフレイ(影身)が喜んでる…のかなぁw
だったらすごく感慨深いものがありますね。

「自分のために戦う」って結局50クエの時にヒカセンがフレイから言われたことでもあるんですよね。
「誰に頼まれなくても君は戦いつづけるんでしょう」っていうアレ。

60クエまで終わると、なんとなくシドゥルグも穏やかになってヒカセンに心を許してくれてる感じなのがいいですね。
オルシュファンとは別の意味で「友」って感じで。

あ、あとクエ終わった後、シドゥルグに近況を尋ねると死ぬほど可愛い反応が帰ってきて萌え死ぬかと思いました。やばい。
「リエルのした判断で起こる痛みからは守ってやれないけど、乗りかかった船だしもうちょっとだけリエルの面倒を見てやらないことも…(モゴモゴ)」的なことを言っているシドゥルグに、ヒカセンが「ん?ほんとはリエルのこと好きだし心配なんでしょ?」と言わんばかりのエモートをするというシーンなんですけども…w
ここ、うっかり立ち位置間違えて話しかけるとシドゥルグとやたら顔近くなるんですよね…www
まるでヒカセンがシドゥルグに耳打ちしてるようにしか見えないSSが撮れてしまって個人的には大満足でした。

↓証拠
ffxiv_20160630_094323.jpg


ヒカセン×シドゥルグ、大いにありやぞ…
だいぶデレてくれましたし、リエルもなついてくれてるし、そのうちまたどこかのクエで出てきてくれると良いんだけどなぁ。

リエルの語る「元の」フレイについて


54クエの時に、リエルが生前のフレイについて話してくれるんですが、フレイは持たされた武器が悪くて決闘裁判に負けたらしいことが分かります。
クレイモア的な物を背負ってたのでLv60装備に50武器じゃたしかにな…という。
リエル曰く、フレイは癒やしの力も使えて「とっても優しくて、強い人」だったらしい。
生前のフレイの経歴も気になりますねー。身長的にミッドランダーぽいですが詳細はどうなんでしょうか。

結局、「極意」って


シドゥルグとフレイのお師匠さまの言いたかった暗黒騎士の極意は「愛」という結論でしたが、
50クエ、60クエとやってきて個人的に極意は「愛」と「怒り」両方なのではないかなーという感じがするんですよね。
ヒカセンは仲間には恵まれているので「愛」は知っていたけど、「怒り」をどうしていいかわからなかったし、
シドゥルグは「怒り」を意識しすぎて「愛」に気づいていなかった。
「愛」を持っていたヒカセンがフレイ(というか影身)と出会って「怒り」を知って受け入れて、その上でシドゥルグ・リエルと出会ったからこそ極意の会得に繋がったのかなぁと、プレイしていてそんな風に思いました。

FF14における暗黒騎士のあり方について


ジョブクエ終わってみて、FF14における暗黒騎士のあり方ってすごく矛盾をはらんでいるなと思いまして。
というのも、暗黒騎士の普段の仕事が60クエ(シドゥルグとリエルの話)のような感じなんだとしたら、
「自分では身を守れない誰かのために傷を負ってでも戦う」のが本分で、
でもそれだと、フレイ(影身)の言う「そんな自分を、それじゃあ誰が護ってくれるの……?」という問いと大きく矛盾を孕んでいるなぁと。
で、ここを解決するのが例の「暗黒騎士の極意」たる「愛」なのかなって。
リエルとシドゥルグ・ヒカセンの関係って、一方的じゃないんですよね。守られる側が守ってくれる側に寄生しているわけじゃなくて、双方向に情が通ってたというか。
50クエまでではヒカセンにおんぶにだっこなNPCしか出てきませんでしたけど、リエルは守られつつも自分でも戦ってましたし、頼みごとがあるときだけ頼りにしてきた各々方にくらべたら、ヒカセンやシドゥルグを本気で心配してくれるとってもいい子でした。
こんな子になつかれたら人のいいヒカセンは守ってあげたくなるのも無理はない…と思います。
結局、FF14における暗黒騎士の「守る・守られる」というのは、本作におけるロール制=役割分担を象徴しているものなのかもしれません。

毎回クエ後にスキル獲得するときに出る説明文がいちいち格好いいのもよかった。
50クエの時とはまた違った面白さの系統でしたが、暗黒騎士クエはどれも最高に面白かったです。
次の大型アプデでも面白いクエが追加になるといいなぁ。
関連記事