「戦国時代はBLパラダイス」は大ウソ?武士の同性愛事情の検証本『戦国武将と男色』

「戦国時代には、男色や衆道と呼ばれる男性同性愛の文化があった」としばしば語られることがありますが、
主張の材料や萌えのタネにされることはあっても、その実態や実情についてまで言及されることは少ないのではないでしょうか?

「戦国の陣形」や「上杉謙信の夢と野望」でおなじみ、独特の切り口の歴史検証をなさっている乃至政彦先生の著書『戦国武将と男色』が、そのあたりの疑問に答えてくれる大変面白い本でしたので紹介します。



どんな本なの?


タイトルの通り、戦国武将たちの数ある「同性愛関係だったのではないか?」という通説や疑惑をひたすら検証していく内容です。
ほかにも、男色が武家の文化として広がった背景や、そのルーツ、「そもそも武家男色という文化は存在したのか?」について書かれています。
一冊まるごと本当に、戦国期の男色がどういう様相であったかということに終始した本です。

といっても、いわゆる「この人物とこの人物は男色関係にありました!これってBLだよね!キャー!」みたいな本ではありません。
むしろ武将でBL妄想してる人間をフルボッコしてくる本です。

「戦国武将は皆男性同性愛者!少年愛!昔の日本はBL天国!」という我々が抱いていた幻想をそれはもう気持ちいい位にぶっ壊してくれます(笑)

「えーなんだよつまらん」と思われたかもしれませんが、夢を打ち砕かれたほうが、いっそ行間を読む妄想に磨きがかかると思いませんか?
根拠が薄い話を現実だと信じ込むことほど怖いことはないです。
本当っぽい嘘と思って受け取るか、本当だと思い込んでいるかの差は大きいと私は思います。
手品の種明かしが楽しいのと同じ原理です。史実コワクナイヨー!

で、肝心の本の内容に戻りますが、読んでみて「小姓文化が盛んで男性同性愛は普通のことだったんだよ!」という話が、いかに根拠が怪しい話かを痛感されられました。
本文中ではよく聞く高坂昌信の話を始め、北から南まで信憑性を問わず「男色話があれば」検証しています。比率としては軍記に対する検証が多いですね。

武田信玄が源助=高坂昌信に対して「浮気してないから怒らないで!」というラブレターを出したという話を聞いたことがある方は多いと思います。
この手紙について、本書は実は源助=目付け役・山本勘助であり、信玄が彼に「もう男色はしませんから!これからは品行方正になりますから!許して!」という詫び言状だった可能性があるのでは?という説を導き出しています。
この源助=山本勘助説については漫画家・岸田ましかさんの創作戦国同人誌『御心やすく候べく』 でも取り上げられていました。


↑岸田さんの漫画は「コミック戦国無頼 2010年9月号-2」掲載の松永久秀の生涯を描いた「信貴山城グランギニョル」もオススメ。

ほかにも「北条綱成とその弟が主の北条氏康と男色関係にあったかもしれない」という話も。
乃至先生の本業、越後上杉関係のお話もきっちり掲載。謙信に関しては、男色に限らず異性愛の噂についても触れています。

北は蘆名盛隆や伊達政宗、南の方は島津さんちと近衛前久のお話とかも。
「ウブでかわいい少年がいるから早く来なよ」とか義久さんにお手紙してる貴族様マジなんなんだろう。
こんな嘘みたいな本当の話も一部ですがあります。

取り上げられている人物は以下のとおり。
・第一部 室町幕府と男色
藤原頼長
足利義満ら室町幕府将軍
世阿弥
赤松氏
上杉朝昌
細川政元
細川高国と柳本弾正(賢治)
陶隆房と大内義隆
武田信玄と高坂昌信
武田勝頼と土屋昌恒
北条氏康と北条綱成
北条氏直の小姓たち
長尾為景と黒田秀忠
上杉謙信と河田長親
足利義輝
今川氏真
由良成繁の男色禁止令

・第二部 戦国武将と男色の実相
大崎義隆
上杉景勝、直江兼続、前田慶次
佐竹義重と蘆名盛隆
伊達政宗と片倉重綱
大内義隆と小早川隆景
黒田長政、藤堂高虎、黒田官兵衛
毛利隆元
宇喜多直家
一条兼定
立花道雪
島津義久、近衛前久
織田信長と森蘭丸、前田利家
柴田勝家
織田信雄
豊臣秀吉
石田三成と大谷吉継
徳川家康と井伊直政
松平信康

全体としてはやっぱりそんなおいしい話はないかー、みたいな感触です。
全てが全て嘘、というわけでもないでしょうけど、乃至先生のこの提言は「武将は皆男好き??」な言説が一人歩きし続けている現状に一石を投じる貴重なものと言えます。

創作戦国のみならずゲーム系から戦国時代ものにハマって「色々言われてるけど実態はどうだったの?」と知りたい人にはピッタリの一冊です。
新書なので読みやすいのもイイ。

読後雑感:「娯楽としての戦国」と「史実」の分かれ目


日頃武将同士のBLを楽しんでいる自分がなぜ妄想をフルボッコしてくる本をご紹介したかというと、
娯楽として「戦国武将が絡み合ってるBLが好き」なことと、「戦国時代はBLパラダイスだったのだ!」と信じ込むことは全く別の話なんですよね。
「なにも見てきたわけじゃないんだし夢は夢のままでもいいんじゃないか」と感情的に納得できる方と出来ない方に分かれる話題だというのは承知しておりますが、
通説と新説、どちらを信じるかはともかく、思考停止というのはとても恐ろしいことだと私は思っています。

…という風に元ネタに対する興味の深度の差は人それぞれですが、そういう意味では、この『戦国武将と男色』は夢を打ち砕かれたくない人(?)には向かない本かも知れません(笑)

ただこの本、「どういった軍記や元史料に男色関係であったと書かれているか」という出典がきっちり記されているんですよね。大変便利です。
裏を返せば武将BLの創作用に元ネタ史料を確認したい人の手掛かりとしても使えると取れなくもない…!
歴史を創作物のベースとして使う際に、資料本に対して大事なのは「著者のスタンス」「主張」よりも「中身や情報」「使いやすさ」だと思うのです。

というわけで、少しでも史実に興味のある方は、ぜひご一読をおすすめします。
関連記事