【R18】「3Dちんこビューア」を実際に作画に使ってみたよ

※話題が話題なので18歳以上の方のみご覧ください

以前の記事「エロ漫画作画資料としてのディルド考」で紹介した「3Dちんこビューア」。
実際に使ってみた記事をまとめてみました。



◆ソフト自体はとっても軽いよ!

ソフト自体は1.5MBちょっとしかありません。めっちゃ軽いよ!!
なので低スペックなノーパソで描いてる方にも安心!

それでは実際に使ってみましょうか。

◆描きたい角度にして、スクショを撮る

解凍された「ochin_view」フォルダを開いて、亀頭起動します。

ochin_view.jpg

するとこんな感じの画面で起動しますので、描きたいような角度、大きさに設定していきます。
といっても操作は簡単。
マウスでぐりぐり弄るだけ。
(弄るってなんか卑猥だな…)

角度を弄りたい時は左から三番目のボタンを、場所を移動したい場合は隣のボタンを、巨根or短小にしたい場合は右端でサイズを直感的に変更できます。

で、欲しい形&角度が決まったら、「Prtsc」ボタンを押すなりしてスクリーンショットを撮ります。

◆お絵描きソフトに貼り付けてトレス

撮ったスクショを、任意の描きたい絵のレイヤーに貼り付けて…

ocn_screenshot.jpg

あとはトレスするなりして描くだけ!!おしまい!!

かんたんらくちんちんしゅごいよぉ…( ˘ω˘ )
こんな凄いツールを無料で配布しているMacop(まこぷ)さんには頭が上がりません…全力感謝です。
記事への許可ありがとうございました!
関連記事