電子機器とソフトのレビュー・メモの記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1周年記念でシコマサとコラボ中のニュースキュレーションアプリ「ハッカドール」使ってみた


さんごうちゃん
3号ちゃんがかわいい

コラボSSRカード欲しさにシコマサ(戦国武将姫MURAMASAの通称)とコラボ中の巷で噂の「ハッカドール」使ってみたら面白かったので、雑感をまとめておきます。

キャラは知ってた割に中身全然知らなかったんですけど、ハッカドールってのは「漫画・アニメ・ゲームなどのオタクサブカル系ニュースに特化したキュレーションアプリ」だそうです。
もう配信開始から1年経ったんだそうで。秋にはアニメも放送されるとか。
TINAMIでもちょくちょくコラボ系のコンテスト募集してるのを見かけたりしていました。

では早速使用した感想を。

◆ニュースキュレーションアプリ舐めてました

ニュースアプリとかキュレーションアプリとか、最近よく聞きますけど、
ニュースとか自分で見にいくしー!なんでわざわざアプリ入れなあかんねん!とか思っていたんですよ。
実際使ってみたところ、これけっこう便利なんじゃないかと。

ニュース追うのが趣味です!とか言うのでもない限り、ネットにあふれまくってる記事見て回るのって大変なんですよね。
自力で探すとなると苦手ジャンルが目に入ったりとかのノイズも多いし。
ハッカドールは配信される記事に「いる・いらない」をつけることで学習し、ユーザーの好みに合った記事を表示するようにしてくれるアプリということで、今せっせと配信されてくるニュースの仕分けをしています。
どのくらいの精度で機能してくれるのかなぁ。楽しみです。

特定キーワードをウォッチリストに入れる機能もついてます。
実際に配信されるかどうかはわかりませんが、候補に「北条氏康」のみならず「長尾為景」まであってたまげました…
めちゃめちゃニッチな需要な気がするんですが、これw

ちなみに、ニュースにいるいらないを付けるといちいち1号ちゃんが「わーい!ありがとうございます!似た記事いっぱい出すようにしますね!」とか言ってくるのが萌え豚的にはたまらんですね。


◆面倒な登録不要なのがいい

し・か・も。この手のアプリにありがちな会員登録とかも特になしで使えるんですよね。
他端末に情報を引き継ぎたい場合はTwitterやFacebook、Google+連携でアカウントを作ることもできるようですが、
メールアドレス登録が要らないってのは「ちょっと使ってみようかな」レベルの人のハードルをかなり下げてくれてる感じがします。

まあもちろん、どういう情報が好きかみたいなのってかなりセンシティブな情報だし、取られることに一抹の恐怖はありますけども、
そういう意味でも、登録不要なことで好みと個人情報(氏名とか)が結びつかない状態というのはいい方向性ではないでしょうか。
(ビッグデータが欲しい企業としても、ユーザーに抵抗されずにデータ取りやすいモデルなのかなーという気がします)

今回はアプリ版で触ってみましたが、PC用にWEB版というのもあるそうです。


◆アプリ内ゲームセンターが(萌え的に)捗る

ハッカドール自体はニュースアプリですが、オタク向けアプリらしい(?)点も勿論ありまして。
アプリを利用することでゲーム内ポイント「ハッカ」がたまり、これを使ってハッカドール1号~3号達を攻略するお話できるゲームが遊べます。まさかのフルボイス。

選択肢式のいわゆるギャルゲーっぽい感じなんですが、課金要求されず、あくまでニュースアプリのおまけでついているのがいいですねぇ。
インストールするタイプのゲームってどうしても継続していく忠誠心みたいなのを要求されて、あれが私は結構苦手なので。
ゲームは好きなんですけど、四六時中何でもいいからゲームしていたいタイプではないので、必然的に熱心に遊べるゲームの数は限られちゃうんですよね。
今だと、大戦とシコマサくらいしかやれてません。コンシューマ機は時々VITA版の信長の野望創造PKをやるくらい。


◆NGワード機能とか付かないかなぁ

使ってみてのイマイチな点は、NGワード機能が存在しないことですかね。
一応登録時に「好きじゃないジャンルはチェックボックスはずしてね」って出るんですけど、「少年マンガ」「洋ゲー」とみたいにカテゴリが広くてですね…
これに関する記事は目に入れるのも嫌だぜみたいなワードが登録できるともっと便利なんだけどなーと使ってて思いました。
「信長の野望」は知りたいけど「信長の野望Online」は弾きたい、みたいな細かい挙動ができるようになるといいんだけどなぁ。
という我儘。



◆シコマサとのコラボは9/3まで
インストールするきっかけとなったシコマサとのコラボキャンペーンは9/3までらしいです。
ハッカドール側のプレゼント欄でもらえるコードを入れるとシコマサで1号ちゃんのSSRカードがもらえます。
楽市出品は出来ない模様。

コラボコード入れるだけでSSRくれるとかシコマサ先生相変わらずの太っ腹ぷりですよねぇ( ˘ω˘ )
その分ガチャは鬼のようだけどさ
通常SSRよりは能力値が劣るものの、必要兵力は20なので、
兵力増強中デッキの穴埋めにはよいのではないかと。
絵柄も腋・水着焼けとシコマサにしては控えめながらもしっかりシコいので可愛い。
(画像自体はたぶんシコマサwikiとか行けば見れます)

ちなみにハッカドール、MMDモデル化されるんやってー!フリー配布とのことなので期待。

スポンサーサイト

やっぱり有線安定…無線式を信用しない3つの理由-マウス・キーボード・LANは有線に限りますね


最近はLAN接続やマウス・キーボード、いたるところで無線化が進んでいますね。

線が邪魔にならないんですよと家電量販店で勧められることもかなり増えました。

が、ですよ。
私はどうしてもこの無線というやつに信用がならないんですよね…

なので、極力メインPCのLANとかにはあまり使いたくないなと思っています。
スマホをWifi接続するとかなら利用するんですが、無線をすべての根幹に置くのは怖いんですよね…

以下、私が無線接続を信用できない理由について3つほど書いておきます。

◆信用できないポイントその1
セキュリティ

これは特に無線LAN限定の信用できないポイントなんですが、
「どこまで強固なパスワードやセキュリティをかけても、完全に不正アクセスや流出を防げない」と習ったのが理由です。

実際ゲーム機などで使用されているWEPという形式の通信方法だと、わずか10秒ほどでパスワードを暴けるという検証結果も。
「「WEP」はもう危険? 家庭の無線LANセキュリティ対策を考える 」

その点、有線であれば接続されていなければ物理的に危険度は下がります。
無線LANはリスクが可視化されていないのに、「なんか便利なもの」として普及してしまったのがたぶん怖いところなんだと思う。

◆信用できないポイントその2
安定性の不安

お次もどちらかと言うと無線LANに関係する内容。
絵茶とかって最近はあまりやらなくなりましたが、昔はよくオンラインの知り合いとやっていました。
で、この絵茶中に、無線LANだと切れるんですよ。
一から絵描きなおしとかになったりして。結構痛い目にあいました。

我が家の無線LAN状況が引っ越してもなぜか毎回あまりよくないところばかりなのも一因ではありますが、
有線接続の安心安定感にくらべると、やはり無線は「いつ切れるかわからない」怖さがあります。

◆信用できないポイントその3
物理的安心感がない

もうこれ屁理屈に近いですけど、有線式だと物理的に電線が目の前にありますよね?
刺さってれば反応しますし、刺さってなければ接続されていないわけです。

でも無線接続だと、これが分からない。
電波がどうやってとびかって接続しているかなんて、わかりませんよね…
なので、傍目には繋がっているのか切れているのかわからない。

これは、よく無線マウスのときにぶちあたったポイントでした。
急に突然マウスが反応しなくなるんですよ。
電池が切れてる時もありますけど、そうじゃない時にも切れたりして。
そうなるとPCごと再起動するんですが、これがもう面倒で仕方ない。

売り場でも無線式に追いやられてばかりの有線式ですが、末永く支持していきたいと思います…
もちろん、無線も便利には使うけど、完全依存はしたくないなぁとおもった次第であります。

親指に優しいイケてる赤い奴「ELECOM M-XG1UBRD」-マウスを買い換えました

先日、思いがけなくパソコンを買い換えることになった話を書いたんですが、

【悲報】WindowsOSは構成を変えるとシリアル番号を認証しないことがあるらしい

キーボードとマウスは前のパソコンのものを使えばいいや~ということで、買い直ししてなかったんですよね。

そうしたらですよ。
ここ数日なんだかマウスの挙動がおかしくて。

左クリックがなんだか死にかけてるんです…
クリックしてないのにクリックしたことになってたり、勝手にダブルクリックやドラッグの状態になってたり。 クリスタの素材いじろうとするときに暴れるのは本当に勘弁してほしい。

iBUFFALO 有線レーザー式マウス 5ボタン/横スクロール 節電モデル シルバー BSMLU13SV



(↑もう絶版しているようですが、後継機が出ているみたい)

つや消しシックな茶色でかっこいいお気に入りのヤツなんです。
ただこのマウス、買ってからもう6年も経ってて、指の当たる部分が色ハゲしてきてるし、錆とかも浮いてるんですよね…



↑こんな感じで。
そろそろ寿命なのかもしれない。

買い直しも止むなしかな~と思っていたところ、折しも愛用の家電屋ツクモから「マウスの割引やるヨー」なメールが届いていたので、行ってきました。


◆新マウスはELECOM「M-XG1UBRD」にしました

ELECOM BlueLEDマウス M-XG1 有線 5ボタン 握りの極み Mサイズ レッド M-XG1UBRD

新品価格
¥1,148から
(2015/8/3 16:40時点)



MサイズとLサイズの2つがありますが、店頭で見た感じMが前のマウスと同じくらいのサイズだったので、Mにしておきました。

パソコン立ち上げて接続すれば、あとは普通に使えます。
このマウスのいいところは前のとちがってはっきりと「親指のためにくぼみがある」ところですね。
パッケージに「手の形状から生まれたデザイン」と書いてあるだけあって、手を乗せていてもあまり負担は感じません。

親指側にある進む戻る用ボタンがよく誤作動させてしまうくらいに大きいのだけがちょっと心配ですが、徐々に慣れていけたらいいなぁ。
一応、公式が出しているキー割り当てソフトを使えば動作しないようにすることも可能みたいです。

前のマウスのときはMMDのモデリングを数時間してると指痛くなってたりしてたんで、そういうのが少しでも軽減されたらなぁ。

最後に…後の祭りではありますが…
実はこの記事書くときに実はアマゾンのが安いじゃねーか!ってなって凹みました!!バカ!!
(誤解のないよう言っておくと家電屋の中でもツクモさんはわりと安めのとこです)

す、すぐ欲しかったので仕方がないのです!北海道はkonozamaなので仕方がないのです!!
数百円に対する深い悲しみに沈む

( ˘ω˘ )

ハンディスキャナ『MAGIC STICK』が不具合だらけで使い物にならなくなってしまった件


サントラスト A4ハンディスキャナー Magic Stick(マジックスティック) STMST-RD



主に複合機を使うのがめんどくさい時とか、
落書きをスキャンする時にサントラスト製のハンディスキャナー「MAGIC STICK」を使っているんですが、

どういうわけだかデスクトップPCを新しいもの(Win7)に変えてから、
調子が悪くて2,3度スキャンしただけでスキャンソフトが強制終了したり、
メモリーカードのフォーマットを要求されるもフォーマットできないなどの不具合が生じ始めてしまいました。

問題なく使えていたノートPCのほう(同じくWin7)はまだ試してないのですが、原因不明なので非常に困っているところ…
一応ググってみたんですが、不具合について触れてる記事などが見当たらないので
半ば諦めモードです…ちくしょー。

PCとつないでいるケーブルが純正のじゃないのがいけないんかな~
物としては便利なので何とか使えるようになってほしいんですけどね。

【悲報】WindowsOSは構成を変えるとシリアル番号を認証しないことがあるらしい



CPUとマザーボードとメモリを入れ替える予定で店に行ったらそれだけで話が終わらなかった件

構成変えると別のパソコンと認識するかもしれない、そうなるとOSごと買い直しになるとかなんとか…

結局、求めていたのと同スペックの新品を買う羽目に…

パーツだけ入れ替えれば楽に安く済むんじゃね?と思っていましたがそうは問屋が卸さないらしい。
とほほ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。